飲酒運転は確信犯です。過去には飲酒運転による悲惨な事故が数多くあります。今回は運転代行の必要性について実例を元に書いていきたいと思います。

福岡海の中道大橋飲酒運転事故とは、2006年(平成18年)8月25日に福岡市東区の海の中道大橋で、市内在住の会社員の乗用車が、飲酒運転をしていた当時福岡市職員の男性(当時22歳)の乗用車に追突され博多湾に転落し、会社員の車に同乗していた3児が死亡した事故。

主犯の加害者に対しては、危険運転致死傷罪が適用されるかが争点になったが、危険運転致死傷罪と道路交通法違反を併合した懲役20年の刑が最高裁にて確定、執行された。

後悔は先に立たず・・・まさにこのことだと思います。筆者はこの事故のニュースを目にした時非常に大きな衝撃を受けました。幼い子供3人の命が両親が海に潜り必死に救出活動をしたにもかかわらず亡くなってしまいました。この時犯人は救出もせず同乗者2人と共に逃走、あろう事か飲酒を隠す為水を飲むと言う非人道的行動しかも公務員・・・許せません。両親の心情を察するに想像を絶します。飲酒運転と言う行為が非人道的行動にさせてしまうのかわかりませんが加害者、被害者にせよ明日は我が身です。

運転代行業を営む者としてこのような悲惨な事故を起こしては当たり前ですが決してならない事だと思います。

運転代行が来るのが遅い・料金が高いなど数分・数千円で被害者加害者の人生が大きく変わってしまいます。

まさにこれから飲酒運転をしようとしている貴方・・・もう一度考え直して下さい。