いろいろな理由で自分の車を運転できなくなった時に、代わりに自動車を運転してくれるとして利用者が急増しているのが運転代行サービスです。
特に宴席に車で出掛けたけれども飲酒してしまった時など、タクシーを利用すると車を取りに行く手間が掛かるため、運転代行サービスを利用される方は多いです。
一方で気になるのが料金です。
タクシーに比べて高いイメージをお持ちの方は多いのですが、実際のところはどうなのかお伝えしたいと思います。

様々な利用シーン

運転代行サービスは、飲酒した際や急な体調不良の際に代わりに自分の車を運転してもらう事ができます。
その他にも、結婚式や法事、ゴルフやバーベキュー、花見など各種イベント時のお酒を飲んだ時などの送迎にも便利です。
さらには、初めての土地で道に詳しくない場合の運転としても利用する事ができます。

料金の仕組みについて

これまでの料金課金の仕組みは、業者によって自由に決められており不透明さが指摘されていました。
しかし2016年4月1日に料金制度に関するガイドラインを策定された事で明瞭な料金サービスを行っている業者は増えています。
そして実際な料金プランでは、走行距離や乗車時間を基本としたものや、一定のエリアや時間を特定した定額制料金が主流となっています。
そこから、早朝や深夜などの時間を加味した料金の割増や割引を設定したりします。
また、迎車・待ち料金や利用を中止した場合のキャンセル料金なども発生してきます。
さらには、利用頻度の高いかたにはおとくな会員料金を設定するなどリーズナブルな料金プランが揃っています。

タクシーと運転代行サービスの比較

例えば宴席の際にタクシーを利用するメリットとしては、予約は必要とせずに乗りたい時に利用できる事や、会場までの交通手段が電車や駐車料金が不要な場合には、トータル的には料金が安くなる場合があります。
その反面、会場へ車で来た場合には翌日以降に車を取りに行く手間と時間が掛かります。
また、その際の交通費も必要となります。
一方で、運転代行サービスの場合には会場までは自分の車で行く事が出来る為に自由に動ける事や、翌日以降に車を取りに行く手間が掛かりません。
しかし事前予約が必要だったり、キャンセル料が発生する、さらには自分の車を他人に運転させたくないと考える方には不向きといえます。
運転代行サービスに必要な随伴車の自動車保険加入が義務化される見込みです。
今後、利用する機会があるかもしれないというドライバーは、制度や仕組みを確認しておくと安心です。

運転代行中の事故補償について

運転代行中の事故時の補償についてです。
運転代行業者は、自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律によって認定を受ける事が義務化、つまりは任意保険に加入することが義務付けられています。
したがって万が一の事故時には運転代行業者が賠償額を支払う事になります。
なお、代行業者が保険に加入しているかどうかを見分けるには、優良運転代行業者評価制度を参考にします。
この制度では、公益社団法人全国運転代行協会等による審査基準(任意保険加入や保険料の滞納のないことなど)を満たしている優良運転代行業者である事を証明する制度です。
ですので、利用する前にはこの認定を受けているかどうかを確認しておく事も大切です。

運転代行サービスでは、やはり料金が最も気になると思います。
しかし最近では、タクシーの初乗り料金を同額でサービスを行っている事もあるため、トータル的に考えると利用しやすく感じると思います。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292