酒を飲む人にとっても、飲まない人にとっても、運転代行は便利なサービスです

「うっかり酒を飲んでしまった時は、運転代行に限ります」
同僚同士の飲み会などで飲食店に行くと、予定にはなかったのについお酒を飲んでしまうことがあります。
この時、電車や徒歩で来店していたらそのまま歩いて帰ってもいいのですが、車で来店していた場合、そういうわけにもいかず困ったことになります。

こういう場合、昔なら気をつけながら車で帰るという手もありましたが、いまそういうことをやるのは命取りです。
なぜなら、今は昔よりはるかに飲酒運転にたいする取り締まり、罰則が厳しくなっているからです。

なので、軽い気持ちで飲酒運転をして帰ると、後で後悔することになります。
そういう時に助けになってくれるのが、運転代行サービスです。
飲食店から電話をかければ、すぐに代行業者がかけつけて、車の持ち主の代わりに運転してくれます。

そうすれば、飲酒運転で事故を起こしたり捕まったりする危険なく、安心して家に帰ることができます。
今も昔も注意一秒、怪我一生です。

まあ大丈夫だろうと酒を飲んでるのに運転してしまうと、大惨事を起こしてしまうことがあります。
それを避けるため、飲食店で酒を飲んでしまったら、それがたとえビール1杯程度のものであったとしても、必ず運転代行業者を呼びましょう。

「酒を飲まない人にとっても、運転代行は便利なサービスです」
運転代行は、酒を飲む人のためのサービスで、酒を飲まない人には関係ない、そんな思い込みをしている人はいないでしょうか。
実は、運転代行は酒を飲む人だけのサービスではありません。
酒を飲まない人にとっても、運転代行は役に立つサービスなのです。
車を運転している人なら、1度は経験のある人が多いでしょうが、車を運転しているときに、急に吐き気を催したり気分が悪くなる時があります。
この時、我慢して運転するという手もありますが、運転というのは細心の注意を必要とするものです。

体調が悪いのを我慢することに意識が行ってしまうと、どんな屈強な人でも、歩行者や対向車への注意がおろそかになります。
そんな状況下で運転をすると、事故を起こしかねません。
一度事故を起こしたら、その程度にかかわらず非常にめんどうなことになりますし、けが人でも出てしまえば、目も当てられません。

なので、車を運転している時に体調不良に見舞われたら、我慢せずに運転代行業者を呼びましょう。
そうすれば、安全に、事故を起こさずに家に帰ることができます。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292