暑い日が続いていますが、こんな日には冷たい生ビールと枝豆がほしくなりますね。
首都圏などでは、渋滞の問題などで難しいですが、満員電車に疲れている方の中には、クーラーの効いた車での通勤をなさっている社会人の方もおられることでしょう。
一日の疲れにお酒を飲んで吹き飛ばしたくても、車で通勤しているから家に帰るまで我慢しているなんて人も多いのではないでしょうか。
そんな時は我慢などせずに、居酒屋で飲んで、運転代行サービスをご利用してみてはいかがでしょうか?

ところで、運転代行と言ったら皆さんは何を連想するでしょうか?
やはり多いのは、車で居酒屋に行ってお酒を飲んだ後に車と一緒に送ってもらうサービスではないかと感じる方も多いと思います。
現在では飲酒運転による死亡事故等が多発した関係で、法律が改正され厳罰化しただけでなく、罪にされる者が飲んだ本人だけでなく、お酒を提供した居酒屋などの業者に対しても課すとされてから、一層運転代行のイメージは居酒屋から家への送迎という感じは強まっています。

ところが最近、いろいろな方法による運転代行を利用する例があるようです。
例えば、病院に入院しなければならなくなったときに、車で病院まで行って入院し、退院するときはまだ運転について不安な時期なので、代行を頼んで家まで車を運んでもらったり、行きは車で近くの駅まで乗りつけて、電車を利用して旅行等に行き、帰りは疲れていたり、お酒を飲んでしまったため運転できないなどの理由によって、最寄駅から本人と一緒に運んでもらうなどのように、新しい利用方法が模索されています。

ただ、イメージ的に代行=居酒屋という感じが浸透しているため、違った利用方法に対して思い至らないケースが多いのです。
そして、料金の問題もあります。
タクシーを利用した場合に比して、割高であるという感覚を持っている方が多いのではないでしょうか?
もちろん、運転者が2名以上であり、随行車を伴うため、タクシー料金に比して高いのは否めません。
しかし、仮に、地方などで電車やバスのあまり運行されていない地域の場合には、行きと帰りに両方タクシーを使った場合と比べ、自分の車で行った後、帰りのみ代行を頼んだ場合にはそれほど大きな差異はないと考えます。

代行サービスは、車でお酒を飲んだ人が利用するサービスという固定観念を取り払い、幅広い利用が可能なサービスであることを皆様に是非知っていただきたいと思います。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292