地方では運転代行は定着しています

地方では都会の様に公共交通網が発達していない事から、
通勤は多くの人が自動車を利用しています。

従って会社の飲み会等があると、会社にいつものように自動車で出勤し、
飲み会会場まで自動車で移動して、
飲み会が終了すると運転代行を利用して自宅に戻ると言うスタイルが定着しています。

金曜日の飲み会が終わる時間帯になると、運転代行業者は大忙しです。

こうしたスタイルが定着した事で、飲酒運転が激減した事に誇りを感じているという
運転代行業者もたくさんいるのです。

飲み会以外に広がる利用シーン

すっかり運転代行の利用が定着している地方では、
飲酒時以外にも上手に活用されているお客様も増えています。

自動車で出かけて戻る際に急に体調が悪くなった様な場合に、
無理に運転せずに代行を呼ばれるのです。

法律に触れなくても、体調が悪い時には運転しない事が事故防止にとっては大切で、
賢明な判断をされていると感じる事もしばしばあります。

都会では運転代行を利用せずに運転者が飲酒を我慢しているケースが見られます

一方都会では、幹線道路沿いの駐車場がある居酒屋等に入ると、
自動車で来店したお客様のグループに、運転者が誰かを店の人が聞いている、という
場面に出会う事があります。

飲酒運転をしたものだけでなく、同乗者やアルコールを提供した側も罪に問われるからです。

グループメンバーが楽しそうにビール等を飲んでいるのに、
運転者は寂しくノンアルコールビールやウーロン茶を飲んでいる光景が見られるのです。

都会でももっと運転代行が定着すれば、こうした寂しげな光景は無くなり、
皆で楽しめる機会が増えるのにと感じる事も少なくありません。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292