運転代行は高いと言う人がたくさんいますが・・・

運転代行は地域的にも差はあるかもしれませんが、大体10㎞くらいの距離であれば
5,000円前後くらいが相場です。

10㎞で5,000円と言えばタクシーよりも高いですよね。

自分はお酒は確かに飲んだけれども、意識ははっきりとしている。
だから少しくらい車を運転しても大丈夫、と思ってしまう人も中にはいるのかもしれません。

けれど、飲酒運転は絶対に駄目です。
少しでもお酒を口にしたのなら車は運転してはいけないというのは法律で決まっていること。

どうしても車と一緒に帰宅しなければいけないのなら、運転代行を利用しましょう。

運転代行を利用しなかったことで自分にふりかかるリスクというものは
想像しているよりも遥かに大きなことなのです。

飲酒運転で検挙されたら社会的地位を失います。

飲酒運転が原因となって起きてしまった悲惨な事故が、相も変わらず世の中では続いています。
いくら社会が飲酒運転はダメと言っても、自分だけは大丈夫と思ってしまう人が多いのです。

けれど、飲酒運転をすることで、本人が受ける罰は刑事罰だけではありません。

最近では、飲酒運転をすれば会社もすぐにクビになる世の中だということを
しっかりと認識しておきましょう。

SNSが発達している世の中で、飲酒運転をして事故を起こそうものなら、
「あそこの会社の社員は、お酒を飲んで運転して、警察に捕まったらしい」
なんていう噂はすぐに広がります。

そうなれば、会社はすぐにそんな社員を懲戒免職にするはずです。
そうです、飲酒運転が原因で、それまで自分が築いてきた社会的地位は
あっという間に崩れてしまうのです。

最悪、事故を起こしたら人生終わりです

お酒を飲んで事故を起こせば尚更です。
人身事故ともなれば、とても罪は重いものになってしまいます。

そうなれば、会社や仕事を失うだけでなく、
刑事罰を受けて刑務所に入ることになるかもしれません。

何より、飲酒して車を運転するという一時の自分の過ちで
他人の身体や財産に損害を与えてしまうということはあってはならないことです。

自分の人生を棒に振るということだけでなく、世の中に大変な迷惑をかけるということを
しっかりと認識しておきましょう。

数千円で人生が守れます

言ってみたら、わずか数千円を払って運転代行を頼めば、
今まで自分が頑張って築いてきた人生を守れるのですから、それは安いものです。

お酒を飲んでいる時は誰でも楽しい思いをしていたはずです。
であれば、その楽しい思いを自宅に帰るまで、いや、もっと言えば
それからの長い人生ずっと続けたいものです。

お酒を飲んだら車は絶対に運転してはいけません。

わずか数千円のお金を惜しんだ結果、警察に捕まったり、
最悪の場合、事故を起こしてしまえば後悔先に立たずとなります。

お酒を飲んだのなら迷わず運転代行を頼む。
これを必ず守るようにしましょう。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292