飲酒運転を犯してしまうことにより受ける社会的制裁の大きさをご存じでしょうか?

【刑法上の制裁】

刑法上では、2007年に行われた道路交通法の改正により、
飲酒運転に対する罰則が強化され、酒酔い運転は「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、
酒気帯び運転は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」、
飲酒検知の拒否は「3月以下の懲役又は50万円以下の罰金」と罰則が重くなりました。
(懲役とは刑務所に入れられるということです)。

また同様に大きな変更として、運転手に飲酒運転を依頼または容認した者、
また運転するおそれがある者への車両・酒類の提供者および同乗者等も
個別に処罰されることとなりました。

このように、飲酒運転は最早本人だけにおさまらず、
まわりの人を巻き込んでの刑罰が実施される時代になりました。

【社会的制裁】

また、刑罰以外にも、会社勤めの方は懲戒解雇・懲戒免職といった
重たい処分を科す企業・団体が主流になってきており、職を失うリスクも負っています
(飲酒運転を容認した人も同様に処罰される場合もあります)。

また、上記の刑罰と合わせ、万一、禁固・懲役等で服役する場合した、
仕事や家族等に対し損害を与え、それらを失うことも少なくありません。

【習慣化したい運転代行の利用】

多くの飲酒運転では「ちょっとの飲酒量だったから」「近くの距離だったから」等の理由で
ハンドルを握ってしまったというドライバーが多く見受けれらます。
「飲酒をした後に車を運転する」という発想をなくし、
「車で来たら必ず運転代行を利用する」という習慣化が簡単に出来る自己防衛策といえます。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292