地方の小都市や田舎町の飲み会では運転代行のご利用が定着しています

地方の小都市や田舎町では、都会の様に公共交通機関が発達していないために生活の足は車です。
会社勤めの方の通勤も車ですし、何かの会合でも会場までは車を利用するのが普通です。

こんな車社会とも言える所で、飲み会等の飲酒機会があれば、足の確保が大変です。
そこで会社の飲み会では車で出勤し、そのまま車で飲み会会場に行き、
帰宅時には運転代行を利用されるのです。

また何かの会合で飲酒した場合にも、運転代行を利用して帰宅されると言う事が定着しています。

運転代行の仕事は夜の仕事であり、大変な面もありますが、
飲酒運転撲滅に役立っている事を思うと、大変さも吹き飛ぶと言うものです。

2次会を切り上げる方便として上手に利用されている方も少なくありません

都会では2次会に行っても、終電車の時間に間に合う様に切り上げるのが一般的です。

しかし地方の小都市や田舎町では、飲酒して帰宅する際には
運転代行を利用する事が定着しているため、金曜日の2次会となると長々と続き、
中々一斉に切り上げると言う事がありません。

そんな延々と続く2次会を適度に切り上げるために、2次会の適時に運転代行に電話され、
運転代行が迎えに来たのでと言う事を方便として切り上げられている方も少なくありません。

飲み会に参加している方が次々に運転代行で帰路に着かれるため、
こうした地方の小都市や田舎町での2次会は、自然解散的に終わるのが
当たり前の様になっているとも言えます。

金曜日のスナック街には運転代行の随行車がずらりと並び、都会では見られない光景となっています。

飲酒時以外のご利用も増えています

最近では運転途中で急病になり、意識を失ったりして人身事故を起こすと言う事例が
ニュースでよく報道されています。
こうしたニュースが影響しているのか、最近では車で会社等に出かけたものの、
帰る時間に急に体調が悪くなったと電話を頂くケースが増えています。

体調が悪くなったり、激しい眠気に襲われたと言った時にも、気軽にご利用頂き、
事故の未然防止をされるのもお勧めです。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292