お酒を飲む時は、気持ちよく楽しく飲みたい。
しかし、そんなふうに思っていても、やっぱり悪酔いをしてしまうことがあります。

その時はいいとしても、翌日が最悪です。
頭が痛いし、仕事がある場合などは、より辛さを感じることになりますね。
そんな時、飲み会では運転代行を使うことにより、悪酔いをちょっと回避させることができます。

運転代行を使うので疲れない

飲み会で疲れてしまうのは、「お酒を飲むから」だけではなく
仕事をした「後」に飲み会があるからかもしれません。

ほとんどの飲み会は、仕事が終了した後に開催されることが多いのではないでしょうか。
そんな時、仕事の疲れを引きずったまま飲むことにもなるので
ドッと疲れてしまうことがあるかもしれません。

そして、飲み会の会場まで移動をする時に、より疲れが増してしまうこともあります。
タクシーならまだいいのですが、電車や歩いて移動をすることもあるでしょう。
できるだけお金を節約して、飲み会に出席したいと思うときは特にそうかもしれません。

しかしその後、疲れが一気に出てしまい、悪酔いしてしまうリスクも高くなります。
そのため、できるだけ楽に移動できる手段として、運転代行を利用しましょう。

運転代行の迎えの時間を決めておく

運転代行を使う場合は、あらかじめ予約をすることにより
自分の飲酒量をセーブさせることもできます。

普段だったら、飲んでしまうと二次会や三次会まで行くこともあると思います。
しかし、運転代行は予約した時間に指定した場所までお迎えにまいりますので
予定していた時間通りに切り上げて帰ることができるのです。

飲みすぎや悪酔いを回避するためにも、運転代行をお気軽にご利用ください。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292