車が必需品の地方都市での飲み会

地方の小都市や田舎町では、公共交通機関が発達していないために、通勤でも買い物でも車を利用するのが一般的で、車は必需品となっています。

そんな地方の小都市で飲み会を行う場合には、飲み会会場の駐車場に車を停め、飲み会が終わるとそれぞれ運転代行を呼び、帰路に着くのが普通の風景となっています。

金曜日には飲み屋街に運転代行の随行者の軽自動車がずらりと並ぶ光景も珍しくないほど利用頂いていますし、利用が集中する時間にはお待ちいただく状況も生じるほどです。

この様に、飲酒後には運転代行を利用すると言う習慣は、すっかり定着しているのです。

飲酒時以外での運転代行の利用シーン

近年、運転者が急病等で意識を失くした事が原因と推察される交通事故がニュースで取り上げられる事が増えています。

高齢者ならずとも、また持病がなくても、急に調子が悪くなり、運転に不安を感じる事も少なくないものです。

そんな時には、ニュースで取り上げられる最悪の事故を未然に防ぐために、運転代行を利用しようと言う方が増えています。

出かける時には何ともなかったのに、帰路に着こうとする時に体調が急に悪化したり、風邪薬等を服用した事で激しい眠気に襲われた場合に、事故予防のために運転代行を依頼されるのです。

雪国では免許取りたての方が雪道が怖いと言って利用されるケースもあります

雪国では、激しい吹雪に見舞われたりすると、慣れている方でも運転に危険を感じる事も少くありません。

まして雪道に慣れていない免許取りたての方等では、非常に危険を感じ、運転するのが怖いと感じられる方も多数おられます。

そんなケースでも運転代行を利用される方も少なくありません。

運転代行は飲酒時に利用されるのがもちろん大部分ですが、それ以外に運転するのが危険と感じられる場合には、気軽に利用して事故予防を心がけられるのがお勧めです。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292