飲酒運転をして事故を起こし、取り返しのつかないことをしてしまったら
人生を棒に振るようなものです。

そのようなことにならないためにも、運転代行業者があるわけで、
この仕事に誇りをもっていきたいものですが、
実際この仕事は、スピーディさと運転の上手さや確実性が求められますので、
実は、ただ運転が好きだからだけでは、なかなか続けていくことが難しい業種です。

相手の人の自動車を運転する緊張感

依頼者を載せて指定した場所まで運ぶわけですが、その運転する車は、
その依頼者の車ですので、決して傷をつけてはいけない、ぶつけることも、
また事故を起こすこともできない緊張感があります。

そして、その車が3ナンバーの高級車ということも少なくないために、
慎重に運転すること、そしてお客様が酒に酔っている状態の時が多いので、
酔いが回るような運転、急ハンドルや急ブレーキなどをかけないようにも注意をします。

タクシーと運転代行の違い

実はこれをあまりイメージできない人が多いようなのですが、
代行運転の場合には、連絡が入ると、現地に向かいますが、
その時には2人で1台の車でそこに行きます。

そして依頼者と合流し、1人がその車を運転し、依頼者の車を運転して、
依頼者の自宅に向かうということになります。

1台は随行車になります。
タクシーは運転手が1人だけで向かいますので違いがあります。

運転代行業者の仕事は、予約でも受け付けていますが、
依頼があるとすぐに向かうことが多いので、いつでも駆けつけるように
準備しておくことが求められています。

ひまわり運転代行の情報(一宮市・北名古屋市の運転代行)

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[固定電話へ]
0586-48-5183
[携帯電話へ]
080-8267-3292